こんにちは、
相武台脳神経外科です。
今回チャンネルSでは、
「スラムダンク勝利学」でお馴染みの
スポーツドクター辻秀一先生を
当院へお招きしてお話を伺いました。
様々な「成果」「結果」を私達がそれぞれの
社会的なポジションで求められる今の時代。
求められている私達も、
知らず知らずのうちに、「成果」「結果」に
重要度、価値をおいてしまう傾向にあります。
しかし、
本当に大切なことは、
実は、「結果」だけではない。
〇〇が大切で、価値があるものですよ。
ということを気づかせていただけた
お話でした。
本日は、その最終回となります。
実は、今回の映像の中で私(加藤)が、
見えないことへ向き合う時に
特に大切にしていることを
公開しております。
是非ご期待ください。

辻秀一先生にお会いした感想はこちら
第1回目は、こちら
「本当に「大切なこと」の「価値」を伝えたい。」
第2回目は、こちら
「日本人の可能性。」
第3回目は、こちら
「ごきげん という言葉が生まれるまで。」
第4回目は、こちら
「すごい人ほど、ご機嫌に価値をおく。」
第5回目は、こちら
「相手を喜ばせたいのなら、まず自分が気持ちよくなることが絶対に必要。」

本ビデオ講座を視聴していだだくことで、ご理解頂ける内容な下記となります。少しでも、能動的な作業が加わるとより理解が深まります。下記の質問の回答あるいは、本ビデオ講座を視聴後の感想をコメント欄へ書き込んでいただけますと幸いです。
  • 人を褒めることの、リスクとは?
  • 辻先生が部下への態度で心がけていることとは?
  • 辻先生が「働く」ことにしている意味付けとは?
  • スタッフにセルフイメージをどのように持ってほしいと辻先生は考えられているか?
  • 結局根底にある考え方は、自分が〇〇で生きること。
  • 人間は、〇〇思考になりやすい。そのほうが楽だから。
  • 「気持ちいい。」を突き詰めていくなかで、加藤が落とし穴と考えていることは?
  • 「ゾーン」好きの松岡修造氏に、吉田沙保里選手が指摘した、とても的を得た言葉とは? 

    下記おすすめリンク

相武台脳神経外科