お早うございます。
今日は金曜日ですね、なにか金曜日と聞いただけで気持ちがわくわくします。

さて私は、3ヶ月間 医師の仕事をはなれ医療業界のさまざまな局面を取材し全国を回ったことがあるのですが、エビデンスといって科学的な根拠はないのですが、
難病やなかなかなおりにくい病気を扱っている方の経験の中である一定した共通点が存在することにきがつきました。

それは私自身も薄々感づいていたことですが、

例えば、私の経験で言うと大変な重傷の脳卒中でいらした患者さんがいるとします。
我々主治医は、今までの経験と知識から 入院時にある一定のこの患者さんのストーリーを頭に思い浮かべます。そのストーリにそって治療法のご提示や、将来的な展望をご家族、ご本人にお話していくことになります。
やはり医学の歴史で積み上げてきたものは、偉大ですので基本的にはそのストーリの通りにことは進みます。
しかし、そのストーリーから極端に良い方向に外れる患者さんもなかにはいるのです。
それは医療従事者なら誰しも経験することです。

その共通点とは、
①患者さんご家族の思いが強いとき
②患者さんが病気を克服しよう(病気をやっつけよう)とするのではなく、
病気に対しても「感謝」の念を持っているとき

この二つがありました。
なかなか科学的にデータは取りにくいものがありますが、患者さんと現場で接している医療従事者がほとんどこのような感覚を持っているということはなにかしらの「事実」が隠れている。と考えます。

イギリスのオックスフォード大学へ感染症の勉強をしにいっていた先輩が、オックスフォードでは「祈り」の治療効果を、研究しているという話も聞いたことがあります。

物理学の世界も意識はエネルギーと意見の一致がみられるようになってもう半世紀以上もたっています。

さまざまなことがありますが、私自身は「事実」のみを相手にしたいです。

①患者さんご家族の思いが強いとき
②患者さんが病気を克服しようとするのではなく、病気に対しても「感謝」の念を持っているとき

に共通するのは愛、そして感謝の念です。

その理由は私には何も分かりませんし、言える立場にもありません。
ただ事実が物語っているのは

その不治の病を治した 最高の名医は
患者さんご自身の
「病気への感謝の念」だった可能性があるのです。

病気に対して心から「ありがとう」といえると なにか奇跡が起こるかもしれません。

今日も最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。

  • THE HEALTH ACADEMY https://healthacademy.jp
  • 当院院長加藤貴弘へのインタビュー は、こちら
  • 相武台脳神経外科「就職の羅針盤」
    共通の志のもと、切磋琢磨しともに成長するチームメート随時募集中。
  • 超高濃度ビタミン点滴療法。
  • 診察室延長戦(診察室でよくするお話をネット上にあげています。)
  • 未知の食材「黒ガリン
  • 軽度認知障害(MCI)スクリーニング検査に関しまして、こちらより。
  • 相武台脳神経外科5年の歩み
  • 当院脳ドック予約はこちら、(お得な夫婦割あります。)
  • 友だち追加(相武台脳神経外科の情報をLINEからも配信しております。)

    備考 当院ハイパーサーミア  

    がん治療にお悩みを持つ方は多くいらっしゃると思います。
    当院ではそんな患者さんへ無理せず続けられるがん治療を
    提供したくハイパーサーミアを導入しております。

    悪性腫瘍の患者さんにおいて 「ハイパーサーミア治療をしない理由」が思いつかないということです。 ひとまず、がんに対して どんな治療をされていても、どんな考え方をしていてもそれに対して邪魔をしないし、リスクがかなり低い、保険診療でも可能、命のリスクのさらされている場合は、スマートに治療しようと考えずにリスクが低いものに関しては、ひとまずチャレンジしてみるという姿勢もサバイバルには大切ではないかと思います。
    まずは当院へご相談ください。

    ハイパーサーミア料金表

    当院では、2ヶ月間で8回を最大3クール(全24回)まで保険診療で可能です。
    それ以降は基本的には自由診療となり全額自己負担となりますのでご了承ください。
    <保険診療での料金>

    治療範囲 保険点数 自己負担割合 3割 自己負担割合 1割
    身体の深部にある臓器 9,000点 27,000円 9,000円
    身体の表面に近い臓器 6,000点 18,000円 6,000円

    ※病状の経過によっては途中から自由診療に切り替わる可能性もありますので、その際は再度ご説明させていただきます。

    <自由診療での料金>
    受診時にご説明いたします。

    相武台脳神経外科