┏ご挨拶:
┣当院からのお知らせ:
①不可能を可能にする行政官 江崎禎英さん 第7回
②IMトレーニング 奈良学園大学リハビリテーション学科長・教授 辻下 守弘先生 第4回
③北里大学元副学長 陽捷行先生 第3回
④元日本綜合医学会会長 渡邊昌先生 第1回
(シークレット情報)
⑤お仕事帰り脳ドック:当院における夜間休日の脳ドック
┗スタッフからの最近のコネタ:腹八分目

編集後記:いい空気
■□ご挨拶━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥
残暑が残っており、暑い日が続いていましたね。大型台風などで交通機関の乱れ大変でしたね。10月からは少し涼しくなってくるのでゆっくり休息をとって、体のケアしていってくださいね。それでは、
相武台脳神経外科メールマガジン第78号をお送りいたします。
■□当院からのお知らせ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

お知らせ 1

現在、
日本の社会保障制度は、
ご存知のように、存続が、危機的状況となっています。
その、八方塞がりな社会保障制度に対して、
果敢に改善を挑もうとされている 一人の行政官がいます。
江崎禎英さんです。
経産省商務・サービスグループ政策統括調整官 兼 内閣官房健康医療戦略室次長

江崎さんは
これまでに、絶対に無理と言われていた、
改革を 数多く主導的に実現されてこられています。

その江崎さんが、
医療の現場の最前線である、当院へ来院され、
今、日本の国は、どのようなことに「危機」、あるいは「夢」を感じ、
どの方向に、舵を切ろうとしているのか、熱くお話していただきました。

今回は、その第7回目となります。
10月10日 配信予定です。必見です。

第1回目は、こちらより。
日本社会が、直面している人類初めての問題とは?
第2回目は、こちらより。
現代医療が、ハマってしまった落とし穴とは?
第3回目は、こちらより。
自覚症状のない生活習慣病の方の価値観を変える国家戦略とは?
第4回目は、こちらより。
健康と仕事・経営(金儲け)は相反するものか?(厚労省と経産省は、仲良くなれるのか!?)
第5回目は、こちらより。
姥捨山の本当のところ、姥捨山は崇高な行為???死生観を考えることとは?
第6回目は、こちらより。
日本が、人類を救う?

お知らせ 2

当院では、地道に数年前から、認知機能低下患者さんや、
集中力が弱い子供さんに、
IMトレーニングを提供させていただいております。
IM トレーニングとは、こちら
その日本に置ける第一人者である
奈良学園大学
リハビリテーション学科長・教授
辻下 守弘先生に、
来院いただきチャンネルSにてお話をいただきました。

第4回目を10月17日に配信させていただきます。
第1回目は、こちら
第2回目は、こちら
第3回目は、こちら

お知らせ 3

北里大学元副学長 陽捷行先生をチャンネルSにお招きして、
農と医と環境の視点からとても貴重なお話をいただきました。
今、私たちが、忘れていること、それは、
「地に足つけて生きる」ことの大切さではないでしょうか?
第3回目を10月24日に配信させていただきます。

第1回目は、こちら
第2回目は、こちら

お知らせ 4

お待たせしました!
日本の医学界を牽引されて来られた渡邊昌先生を、
相武台脳神経外科にお招きして貴重なお話をいただきました。
先生が、人生をかけてたどり着かれた
「究極の健康法とは?」
「玄米菜食」????そして、そして、、、
「よく噛むこと。」????
日本人にとって、玄米菜食が、いかに理にかなっているのか、
また、多くのことを整えていくのか、お話をいただきました。
第1回目は、10月31日配信予定です。
余談ですが、
<シークレット情報>です。
今回台風災害の後、千葉で大規模停電が続きました。
現地は非常に大変な状況だったようなのですが、
停電が長引く中で、避難所で、現実的に恋しくなる物は、何でしょうか?
今回、チャンネルSのプロデューサー笠井正俊氏が現地入りして、
実際に取材された中で、痛感されたとのことですが、
実は、 日本人の主食の、「ご飯」です。
そして、長引く中で、 大きな問題となる、健康問題、
それが、「便秘」です。
これらは、実は切実な問題のようです。
その中で、それらを解決できる「缶詰」を当院で取り扱いをはじめました。
それが、「玄米がゆ」 です。
パーフェクトフードの玄米を、缶詰にしており、備蓄に優れていますが、
災害だけではなく玄米を 身近に食すことができる商品です。
しばらく、厚かましいですが社会貢献の意味も含めまして
お一人に一個まで、無料で、お渡ししますので、
「メルマガを見た」と当院受付にお申し付けください。
もちろん電話では、受け付けません。

お知らせ 5

お仕事帰り脳ドック

当院にて 夜間、休日などに脳ドックを始めております。
来年のお盆明けあたりから
本格稼働予定ですが、
現在プレオープンの状態で、
費用は安くさせていただいております。
詳細は下記になります。
こちらより、

 

■□スタッフからの最近のコネタ━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
夏も終わり、涼しい季節になりましたね。
食べ物が美味しい季節になって参りました。
今月も「食」というテーマについて書いていきます。
この時期は、ついつい食べ過ぎてしまう時期ですが、体調崩していませんか?
昔から「腹八分目」という言葉があります。
過食後の当日・翌日は、胃が重かったり、身体が重かったりなど、経験された方は多いと思います。食べ物を消化するということは、様々な臓器を働かせ、かつ多くのエネルギーと時間を使用します。よって、食べ過ぎるとそれだけ身体を働かせなくてはいけなくなるので、身体にはよくありません。少食は、生活習慣病の予防になる事は勿論、老化も遅らせる効果や免疫力向上に繋がることも解ってきました。
何事も程々が良いようです。
<鍼灸師 江澤 和寿>

編集後記;

子供の秋のサッカーの大会が始まりました。小学4年生になってから一勝ももしていない子供たち。
会場運はとてもよく、駒沢公園のサッカー場で行いました。今回も1回戦で負けるのかと思ってしまうのは、いけないことだと思っていてもついついそう思ってしまいます。それは子供達も感じてしまっているのか、試合となるといつもの練習の時のような元気はなくなってしまいます。
子供は敏感ですし、親たちの思っていることを感じ取ってしまっているかもしれません。自分次第でいろいろ変えられるということを知ってもらえるためにも自分たち大人の考えや思いを変えていかなくてはいけないと思いました。
私たちから変わっていって、いい空気作ってあげたいです。
当日の試合は結局負けてしまいましたが、みんなすごく頑張っていました。来年またがんばろう。
<看護師 平田 真矢>
相武台脳神経外科