こんばんは、

日中はだいぶ暑かったのですが、黄昏時や朝はかなり過ごしやすくなってきました。鈴虫の鳴き声が、心地よいです。

生活のなかの様々な局面において、どうしてよいか途方に暮れてしまうことがあります。
私自身もそのようなことは多々ありますが、そのとき、打開するため、どのようなことを心がけているかといえば、結局、大海原で迷った時と同じで、
「羅針盤に立ち返る。」ということを基本にしています。
羅針盤とはつまり、動かないもの、ある程度基準にできるものです。
例えば 人生には 必ず誕生日があり、死が訪れる。このことはすべての人間に共通です。
意外に、迷いすぎるとそのことを忘れてしまうこともあります。
また、日本には四季があるように、歴史にも季節がある。
ちなみに日本は、現在 去年の3月11日から冬の時代に入っています。
80年前は日中戦争が始まりました。160年前は黒船が来航しています。
国の四季は約80年と言われています。
私は、時代が読めなくなったときにはそこに立ち返ります。

仕事柄多くの方とお話しますが、多くの方の悩みの出発点が、道が行き止まりなのに、その事実を受け入れずに、延々とその行き止まりのことを、愚痴りながら人生をおくって健康にも影響がでているかたが意外におおいです。
私自身も気づくとそうですが、、、。
行き止まりと言っても、視野を大きくすれば別の道があるのです。その「部分」は行き止まりという事実を受け入れることが、まるで人生の敗者かのように大げさに考えてしまうことがあります。
行き止まりの、壁を延々と見つめて、なぜ行き止まりか 悩んでいる。
戦略的には 行き止まりは行き止まりと受け入れ、違う道を探すことが最善の策です。

ある程度、現実を受け入れ、 北極星はほぼ北であることを受け入れ、それを利用して現実の海をわたっていくのが最善の策です。

また、よくある事実の一つとして、男女は生理学的に全く違うということがあります。この事実は、ある程度昔からよく知られた事実かと思っていたら、下記のような記事がありましたので、シェアします。

狩猟に励んでいた男性は、パイロットには向いている。
女性の戦闘機のパイロットは生理学的になかなか難しい。
家で多くの家族と様々な会話をし、同時に多くの家事をこなしていた女性は、
視野が広く、多くのことを一度にこなす、能力に長けている。無意味無目的な会話がすき。

このことは夫婦関係になるといつの間にか忘れ去られてしまうことがあります。
「なんで、朝言った電球変えてなかったの?」と、くたくたに、疲れて帰った夫が、帰宅早々妻に怒られ、びっくりして、(男性は目的思考ですから。)急いで電球変えてみると、さらに妻の機嫌が悪くなる。
そのような経験はないでしょうか?
ますます妻の態度がわからなくなる夫ですが、実は、妻は夫に会話してほしかっただけなのに、電球をかえられてしまうと、妻のしてほしいことはますます遠のき、妻と夫の溝がどんどん深まっていく。
というような引用の話は、様々講演会で耳にしたことがあります。

医療現場でもそうです。男性看護師さんは大変つらいです。看護学校を卒業すると、先輩女性看護師さんから、多くの仕事をおそわります。しかし看護師の仕事は大変です。
こっちの患者さんの調子が悪くなって、あっちの患者さんから、トイレの介助でよびつけられ、あげくの果てに、医師からすぐに処置につけと 要望され、、、
一度に沢山の仕事をこなさなくてはいけない状況になることがあります。
女性は、ある程度うまくこなすことができても、もともと生理的にそのような能力の備わっていない男性看護師は大変です。先輩看護師は できない後輩を理解することができず、人知れず涙をのんでいる男性看護師は少なくないと思います。

今回は健康管理のお話はほとんどできませんでしたが、それに関しても、人間の行動って、意外に、事実を事実として受け入れずに、延々と悩んでいる、場面が多くて、そのような時には「羅針盤に立ち返る」ということをすることで、
別のアプローチ方法が浮かび上がり、道が開けてくることがあります。

年末に、「本態性高血圧の改善方法」を一般公開する予定ですが、これも世間一般的には、あまり焦点を当てられていない話題です。
しかし、日本人の本態性高血圧の患者さんの数をご存知ですか?
約4000万人です!
実に成人の半数となります。しかも、高血圧は、
心筋梗塞 脳卒中 認知症 高血圧 メタボリック症候群 骨粗鬆症など、多くの生活習慣病の強烈な危険因子です。こんなに重大なのに、
「本態性高血圧の改善方法」はほとんど情報として出回っていません。
なぜか
製薬会社が 降圧薬をうることに ものすごいプロモーションをかけているからです。ふつうに、ちょっとすれば下がるのに、、 そしたら
脳卒中 心筋梗塞など怖い病気の恐怖から解放されるのに、、
禁煙するより、血圧を下げる方が、脳卒中のリスクは下がるのですよ!
今回の、情報は、まだ先の公開となりますが、
「羅針盤に立ち返る」ことで得た、アプローチ方法満載です。
ご興味のある方は、気にされていてください。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120910-00000000-natiogeo-int

相武台脳神経外科