こんにちは、相武台脳神経外科加藤貴弘です。
当院では、体の声を聴き続けるということを 主眼においておりますが、
体の声を聴くために、「意識して 力を抜く」という行為が
大切と考えております。
なかなか難しいことですが、
日々のスタッフとのやりとりの中で、参考になりそうな、コメントがありましたので
シェアさせていただきます。
以下、当院スタッフ コメントより
・・・・
どこか不調な時しか、自分の体に向き合わず、体の状態を確認していなかったと思います。最近は、不調ではない時も状態を確認するよう努め、不調ではない、ではなく、調和がとれた気持ちいい状態を目指したいです。 数年前に受診した時の、無意識のうちに体に力が入っている、力を抜く練習をするというお話は、衝撃的(体に力が入っているなんて、考えたこともなかったですし、まして、力を抜く練習をするなんて思い付きもしません。)なのに、すっと入ってくるものでした。 初診の患者さまとお話をさせて頂くと、今日の患者さまにもいらっしゃいましたが、同様に感じてらっしゃる方が多く、共感しながら指もみをご説明しています。 日々、力を抜くということを意識はしていますが、力を抜く難しさも感じています。今日も指もみをしながら、力を抜き、体に向き合いたいと思います。

以上 コメント

お知らせ

202010月1日より
当院は移転いたします。

移転先は、こちら
相模原市南区相武台1−23−9 TKビル2階

友だち追加(相武台脳神経外科の情報をLINEからも配信しております。)

 

 

相武台脳神経外科