おはようございます。
今日から新しい週のスタートです。楽しんでいきましょう!
今週も大変な一週間になりそうです。

全てが突然のはじまりで、全く開業等考えていなかった、今年の2月から、物事がものすごい展開を始めうねりの中で翻弄されつつも、大きな理想に燃えてなんとか半年来ました。
そして、覚悟を決めて承継させていただいてから、なんとか一ヶ月です。
本当にたくさんのハードルがあり、本気ですべてをやめる覚悟をした瞬間もありましたが、本当に皆さんのおかげでここまで奇跡的にたどり着けることができました。

私自身はいつでもゼロベースになる覚悟はできています。全てを失う覚悟はできています。ただ、相武台脳神経外科を頼ってきてくださる患者さん、働いてくれているスタッフの生活を考えますと大変責任を感じます。いま倒れるわけには行けません。
当院の最終目標、「医師を必要としない地域をつくる。」という「たかみ」に達して、なにか見えてくるかもしれませんし、本当の私の使命が異なるなら、自然とそのような方向に行くと考えます。

今回の2月からの半年間は、物理学で言う「私たちは無限の場にすんでいる。」ということを図らずも感じやすい体験で感じさせていただいた大変貴重な経験でした。
すごく不思議な感じです。

さて、 前回からのお話ですが、
口コミしたいクリニックとはどのようなものか?

それは、ずばり

No,1のクリニックです。

「あのクリニックは ~で 世界でNo.1だから大変おすすめよ。」

とすると大変話しやすいです。

世界No.1と聞いてものすごく気が重くなったあなた、

ここからが重要です。

No.1 ということは  No.2と何かで競争してそうなったということです。
ブランドとはNo.1だから信用されています。
そ してこの情報の嵐の現代で、私自身の発言力を持つにはブランド力つまり、何かでNo.1になる必要があります。情報の嵐の時代に正確な情報の求め方は、そ れぞれの分野でNo.1に目をむけ他の情報に飲まれないようにします。ここで重要なことは「それぞれの分野で」ということです。

「それぞれの分野」の定義付けを自分でやるのです!
競争のルールを自分で定義づけるのです。

例えばクリニックでは、相武台前駅から世界で一番近い脳外科クリニックというとその点に関しては口コミしやすいと思います。

自分で世界一になれるもの世界一に既になっているものを定義づけるのです。

そのことでマインドシェアを獲得し 口コミが得られるようになるとのことです。

「No.2ではだめですか?」

この情報の嵐の時代「No.2では絶対にだめです。」

日本で二番目に高い山を皆さんご存知でしょうか?

「No.1を目指します!」

さて当院がなにで、No.1かということは、いまはあえて言いませんが、
1年後の皆さんの心に聞いてみたいです。
以上 今日も読んでいただき大変ありがとうございました。

さあ8月 夏を満喫しましょう!

相武台脳神経外科