こんにちは、チャンネルSです。
お待たせしました!
日本の医学界を牽引されて来られた渡邊昌先生を、
相武台脳神経外科にお招きして貴重なお話をいただきました。
先生が、人生をかけてたどり着かれた
「究極の健康法とは?」
「玄米菜食」????そして、そして、、、
「よく噛むこと。」????
日本人にとって、玄米菜食が、いかに理にかなっているのか、
また、多くのことを整えていくのか、お話をいただきました。
本日は、第1回目となります。

本ビデオ講座を視聴していだだくことで、ご理解頂ける内容な下記となります。

少しでも、能動的な作業が加わるとより理解が深まります。

下記の質問の回答あるいは、本ビデオ講座を視聴後の感想をコメント欄へ書き込んでいただけますと幸いです。

  • 渡邊先生が玄米に着目されたきっかけ

  • 渡邊先生の 糖尿病の 克服方法とは?

  • 食育という言葉を一番最初に使った人物とは?

  • 渡邊先生が 玄米食して 個人的に一番 効果を感じることとは?

  • 日本人の主食の歴史とは?

  • 江戸時代、「江戸わずらい」が起こった原因とは?

  • 渡邊先生の情報発信の方法とは?

  • 白米主食になると、なぜ肥満になるリスクが高まるのか?

  • 「元気スタディ」という研究において、示された玄米食の影響とは?

  • 旨味で、依存症になる成分とは?

  • 玄米食を習慣化する上で、 ハードルになることとは?

  • 保育園で 玄米食を 試されている 成果とは?

  • 食べる上で 本当に大切な 行為とは?

  • 加藤の日常の昼食のメニューとは?そこで加藤が実感したこととは?

  • 加藤が、ネパールのヤクのステーキを食べたときに 感じた衝撃とは?

  • 玄米と味噌汁で完全食となる。

  • 玄米菜食の疫学的追跡の結果とは?

     

相武台脳神経外科