┏ご挨拶:
┣当院からのお知らせ:
①赤木春恵ギネス記録獲得作品映画プロデューサー 村岡克彦さん チャンネルS第4回
②大來尚順さん どうしても英訳できない何気ない日本語 チャンネルS第3回
┗スタッフからの最近のコネタ:食と病気の関係「発陳」
編集後記:子供とのかけがえのない時間

■□ご挨拶━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥
2月は積雪の予報もでて、寒い日が続きましたね。受験シーズンでもあったので忙しかった方も多かったのではなかったでしょうか。そう言う時は自律神経も緊張状態が続いていたりして、ほっと一息した時に症状が出たりしますので、ちょっとした体の声を聴き逃さないように、体のケアしていってくださいね。それでは、
相武台脳神経外科メールマガジン第72号をお送りいたします。
■□当院からのお知らせ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

おしらせ 1

昨年11月29日女優の赤木春恵さんが、亡くなられました。94歳でした。
実力派としてとても多くの名脇役の印象が強い赤木さんですが、
88歳にして 映画初主演を果たしております。
その記録は、
“世界最高齢での映画初主演女優”として、ギネス世界記録に認定されております。
そしてその作品の名前は「ペコロスの母に会いに行く」です。
認知症の方の、エピソードを映画化されたもので、
その映画を プロデュースされた、村岡克彦さんに、
チャンネルSに来院いただき、お話を伺いました。

第4回は、3月14日配信予定です。

第1回目は、こちら
第2回目は、こちら
第3回目は、こちら

おしらせ 2

ココロとカラダの健康塾でお世話になった、
浄土真宗本願寺派 超勝寺 副住職であり、
翻訳家としても活躍されている僧侶の大來尚順さんが、
チャンネルSにご出演いただきました。
ハーバード大学にて研究をされていたというご経歴から、
英語から仏教さらには、
日本語を考えるという切り口でお話いただきました。
お話を伺うと、普段私達がなにげなく、使っている、
日本語の奥深さに感動しました。

その第3回を3月28にちに配信させていただきます。

第1回目は、こちら
第2回目は、こちら

■□スタッフからの最近のコネタ━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
3月になり徐々に暖かくなり、過ごしやすい時期になりましたね。
今回もご自分で実践できる、身近な健康法をご紹介していきます。
春は冬の間に閉じこもったものが芽吹く、「発陳(はっちん)」と呼ばれる季節です。冬の寒さ(陰気)から春の暖かさ(陽気)への変化に身体が上手くついて行けず体調を崩されることもあります。お忙しい方が多いと思いますが、暖かくなりましたら少しずつ身体を動かすように心がけることが東洋医学的な養生方法とされています。
また、食事としては、タラの芽、フキ、ウド、菜の花など、栄養価が高い春野菜を中心とした食材を取り入れていくとよいでしょう。

<鍼灸師 江澤 和寿>

THE HEALTH ACADEMY https://healthacademy.jp
当院院長加藤貴弘へのインタビュー は、こちら
結果にコミットした妊活コンサルタント
緊急報告:人類がすでに手にしている放射線障害への知られざる武器
相武台脳神経外科「就職の羅針盤」
共通の志のもと、切磋琢磨しともに成長するチームメート随時募集中。
超高濃度ビタミン点滴療法。
診察室延長戦(診察室でよくするお話をネット上にあげています。)
北投石使用岩盤浴 30分 7500円(税抜き)
初回、2回目のみ、 無料にてご提供させていただいております。
(2016年10月より変更。)
申し込み、問い合わせは、takalabo2016@gmail.com まで。
相武台脳神経外科では、問い合わせを受け付けておりません。
陶板浴上での
電子数 1036(15平方センチメートルあたり)
放射線量(μSV/h)0.95

未知の食材「黒ガリン
軽度認知障害(MCI)スクリーニング検査に関しまして、こちらより。
相武台脳神経外科5年の歩み
訪問看護ステーションやすらぎの森 進化形組織 ティール組織を目指して、
こちらより
LINE@からも情報発信させていただいております。
友だち追加
編集後記;
2月も下の子のサッカーの大会があり、毎回のことですが、観戦にいってきました。私の今の趣味は本当に子供のサッカー観戦になっていて、子供よりも大会が楽しみでしょうかない日々を過ごしています。
団子サッカーから徐々に、ポジションを覚え、少しづつですがサッカーらしくなってきています。自分の子供の成長を見るのも楽しいですが、他の一緒にサッカーをしている子供たちの成長を見るのも本当に嬉しいし、楽しい限りです。誰が試合に出ていてもみんなで頑張っている姿、大人になったらこんなにスポーツでみんなで過ごすこともなくなってしまう方がほとんどだと思います。私も大人になってからスポーツをしなくなってしまいました。今という時間、今という時期にしかできないことを大切にしてもらえるように、親として大人としてできる限りのことはしてあげたいと思います。
そして一緒にいられる時間は今後どんどん少なくなってくると思うので今という時間自分自身大切にしてできるだけ子供との時間を大切にしていきたいです。

<看護師 平田 真矢>

相武台脳神経外科