こんばんは。
だいぶ暖かくなってきました。
今日は朝から掃除や雑用におわれておりました。
すっかりブログからは遠ざかっておりましたが、
先週の水曜日は
Facebookの方へは書かせていただきましたが、
小松利昭さんによる職員研修でした。

http://matsu-t.com/profile/

震災当日から、教育を通して福島の支援に携わってこられた方です。
現場のかたの口から発せられた言葉は、実に直感を刺激するもので有意義でした。

「支援は自立を目指さなければいけない。依存関係は腐る。」
「教育は、押しつけではない、環境を 場を整えてあげることで子供はのびていく。」
「これからは創造性の時代」
「答えを何個も出す習慣をつけよう!」
「実践が伴っている発言は影響力が強い!」

この言葉達は 当院の理念
「自分の健康は自分で責任を持つ」という言葉に大変親和性がありました。
そのため、 当院での講義がエキサイティングなものになったのでしょう。
今後も様々な可能性を探っていきたいと思います。
小松先生、大変ありがとうございました。

さて、
よりよい診療のために、まず当院が基本として心がけていること、

「身を整える」

「場を整える」

人は本質的に 他人の病気を 根源から 治すことはできない。

そのために、

当院が真剣に行っていること、

医療従事者の「身を整える。」

つまりまず 我々が 健康であること

そして

「場を整える」  治療の場を、整える。

すべてを治療に結びつける。

院内の 内装、空気、 座る椅子。

足湯のお湯。飲料水。

座布団。タオル。すべて 清潔に心地よくする。

そこで はじめて我々は 患者さんとあい対する。

我々が行っている治療、

それは 一つのメッセージを 深い部分から お伝えするということ。

つまり

「自分の 病を 治療する最高の名医は 自分自身であるということ。」

どんな、治療費をもってしても代え難い貴重な事実をお伝えしている自負を持っております。

本質的な部分で 人は人をコントロールすることはできない。
本質的な部分で 人は人を治療することは不可能。

患者さんを、健康への大きな流れへ 促す役割。
健康への大きな流れを、整える役割。
それが当院の役割であり、
それを愚直に行うことが当院の「誇り」です。

健康獲得方法のご提供にむけて
ネパールにて、
二人の乗りのセスナ機でぎりぎりまで山肌に近づきました。マチャプチャレはものすごい迫力です。
今日も読んでいただき大変ありがとうございました。

相武台脳神経外科