おはようございます。
今週は急にあたたかくなるようですので、寒暖の差にお気をつけください。

相武台脳神経外科の目指していることは 「病気でない状態」ではなく
「健康で気持ちのよい状態。」

そのための、方法論を少しずつお示しし、さらにその方法論を実践して得た「結果」
を科学的に 検証していく作業を現在行っています。

しかし、それ以前に、現実として、当院が果たさなくてはいけない役割が、たくさんあります。

その、一つ

「塞栓性脳梗塞」です。

これは
血中にできた「ゴミ」が脳血管につまって起こる現象です。

ゴミができる原因の多くは、

心房細動という 不整脈です。

不整脈により、血液がよどみ、流れがなくなると固まる性質のある(止血のため)血液は、心臓の中で一部固まってしまい、脳へ、その「ゴミ」がながれ、そして詰まり、脳梗塞となります。

その予防の「武器」として

人類は抗凝固薬という薬をもっています。

新しい薬も発売されていますが、現在、主流のワーファリンという薬があります。

その薬は、効きすぎると様々なところで出血してしまいますので、 小まめな 効き具合のチェックが必要です。血液を採取しチェックします。

しかし、脳卒中診療を最前線で行っている医師の手応えでは、

ほとんど そのワーファリンのコントロールが行われていないというのが実情のようです。

実は臨床医にとってワーファリンは、効きすぎると出血してしまうので、本当に怖い薬なのです。

実情では弱め弱めにコントロールして結局、脳梗塞になるケースがおおいです。

その状況をまず打破するために、当院では

クリニック内で3分以内に
ワーファリンの効き具合、「PTINR」を測定することが可能となりました!

しかも大量に採血せず、毛細血管から血液を一滴とり検査します。

私たちの本当の目的は、もっと病気になる前の体の改善なのですが、
明日にでも脳梗塞になるやも知れない方を、
ぎりぎりのところで救助することもさらに重要な任務です。

簡単にできそうでなかなか難しい 塞栓性脳梗塞の予防。

当院は、きちんと、勇気をもって責任を果たします。

相武台脳神経外科