こんにちは、 相武台脳神経外科、加藤貴弘です。

ココロとカラダの健康塾でお世話になった、
浄土真宗本願寺派 超勝寺 副住職であり、
翻訳家としても活躍されている僧侶の大來尚順さんが、
チャンネルSにご出演いただきました。
ハーバード大学にて研究をされていたというご経歴から、
英語から仏教さらには、
日本語を考えるという切り口でお話いただきました。
お話を伺うと、普段私達がなにげなく、使っている、
日本語の奥深さに感動しました。
第1回を配信させていただきます。

 

本ビデオ講座を視聴していだだくことで、ご理解頂ける内容な下記となります。
少しでも、能動的な作業が加わるとより理解が深まります。
下記の質問の回答あるいは、本ビデオ講座を視聴後の感想をコメント欄へ書き込んでいただけますと幸いです。
  • 日本語と 仏教の関係性とは?

  • 仏教は、明治以降の言葉であるが、もともとなんと 呼ばれていたか?

  • Buddhaを 日本語でいうと?

  • 仏教の精神とは?

  • 「いただきます。」を英訳すると?

  • そもそも いただきます。の 日本語の意味とは?

  • いただきます。と 凡夫の関係性とは

  • いただきます。の漢字の意味とは?

     

相武台脳神経外科