┏ご挨拶:
┣当院からのお知らせ:
①Backboneバランス教室山口創太先生第1回
②スポーツドクター辻秀一先生第6回
┗スタッフからの最近のコネタ:喫煙について
編集後記:大掃除♡

Fotolia_83839901_S

■□ご挨拶━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥
12月に入り、寒い日が続いていますね。
北海道などではもう雪が降ったりと冬に突入してきていますね。
体調は崩されていませんか。
体の声聞きながら体のケアしていってくださいね。
それでは、
相武台脳神経外科メールマガジン第33号
をお送りいたします。
■□当院からのお知らせ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

お知らせ 1
体幹トレーニングの重要性が
言われだして久しいですが
その目的、意味付け、方法論に関して、
体系的に
打ち出しているトレーニングコーチは
少ないのでは、ないでしょうか?

最先端のプロ選手でさえも、漠然とした中で、
「体幹を強くする。」
「あたりを強くする。」といって。
中心部の筋肉トレーニングなどを
頑張っている方もいます。
今回、チャンネルSでは、
体幹トレーニング→バランストレーニング
としてきちんと理論付けをされている。
Backboneバランス教室 山口創太先生をお招きして
お話を伺いました。
山口先生は、もともとは理系大学の研究畑で
ご活躍されていたということもあり
トレーニングを漠然としたものではなく、
きちんと意味づけして、
普段から、わかりやすく説明されております。
現代おいて、子供も、大人も、
もちろん麻痺のある方も転びやすいという現状があり、
バランストレーニングの本当の意味を理解する
ことは日常生活で非常に役に立つ内容と思います。
自転車に乗るときに、
自転車に乗ること自体に必死であれば
景色を楽しめないのと同様に
体のバランスが取れることで、
日常生活の可能性がとても広がります。
今月12月17日にその、
第1回をお送りいたします。

山口創太先生の画像はこちら

 

おしらせ 2

「スラムダンク勝利学」でお馴染みの
スポーツドクター辻秀一先生を
当院へお招きしてお話を伺いました。
様々な「成果」「結果」を私達がそれぞれの
社会的なポジションで求められる今の時代。
求められている私達も、
知らず知らずのうちに、「成果」「結果」に
重要度、価値をおいてしまう傾向にあります。
しかし、
本当に大切なことは、実は、「結果」だけではない。
〇〇が大切で、価値があるものですよ。
ということを気づかせていただけた
お話でした。
今回はその第6回目を12月21日にお送りいたします。
是非ご期待ください。

辻秀一先生にお会いした感想はこちら

第1回目は、こちら
「本当に「大切なこと」の「価値」を伝えたい。」
第2回目は、こちら
「日本人の可能性。」
第3回目は、こちら
「ごきげん。という言葉が生まれるまで。」
第4回目は、こちら
「すごい人ほど、ご機嫌に価値をおく。」
第5回目は、こちら
「相手を喜ばせたいのなら、
まず、自分が気持ちよくなることが絶対必要。」

■□スタッフからの最近のコネタ━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
木枯しにひときわ寒さを感じる季節となりました。
皆様元気にお過ごしですか。
今回も身近に実感できる健康情報を配信していきます。
今回のテーマは「喫煙」です。

煙草の発祥起源は古代アメリカ大陸(新大陸)で、
当時は儀式や呪術的な治療の一環として使用されていました。
大航海時代の到来と共に、ヨーロッパに伝わり、
日本には16世紀から17世紀にかけて伝わったと言われております。

「煙草」の作用として、ニコチンという物質を摂取することにより、
覚醒作用やリラックス作用があると言われております。
しかし、デメリットも多々あり、
読者の皆様もご存じと思われますが、
長期にわたって継続することにより、
呼吸器系の障害(肺癌・肺気腫・慢性気管支炎)の
リスクが上がることは有名です。

また、医療従事者の方は認識されておりますが、
煙草は血管障害を招くリスクも上がります。
厚生労働省研究班(2006年)によると、
喫煙者と非喫煙者において、
狭心症や心筋梗塞になるリスクが約3倍も高くなり、
しかも、1日の喫煙本数が多いほど
発病するリスクが高くなることが明らかにされました。
また、脳卒中(特に脳梗塞やくも膜下出血)の
リスクが上がることも知られております

WHO(世界保健機構)の報告にも、
発がん性に確実な証拠がある部位として、
肺、口腔、鼻腔と副鼻腔、喉頭、咽頭、
食道、胃、肝臓、膵臓、腎臓、
尿路、子宮頸部、骨髄(骨髄性白血病)
などがあげられております。
この他にも、様々な大学や研究機関で、
喫煙の有害性について研究されております。

多くの先進諸外国では禁煙に向けて様々な
規制を進めております。
日本はかなり遅れておりますが、
これから先もさらに規制が広まって行く事でしょう。

忙しい年末ですが、体に気をつけてお過し下さい。
来年も素晴らしい年でありますように。
<鍼灸師 江澤 和寿>

 

 下記お勧めリンク

編集後記;
12月になってから寒い日が続いており、
いよいよ冬が来たなぁという感じですね。
私は最近、年末も近づいているので、
少しづつ大掃除をしています
断捨離を継続していることで、
以前よりは物がなく、
掃除はしやすい状態になっていますが、
まだ、タンスの後ろや押入れ、
窓の桟には日々の掃除では
行き届いていない部分が多くみられています。
ミニマニストを目指している友人は
物が減ったことと部屋を狭くしたことで、
窓の桟などに目が届くようになり、
いつでもすぐ掃除をしてきれいを保つことができていると
話していたことを思い出し、
自分の管理できる範囲ってやはりあるのかなと思いました。
自分にあった、部屋の広さや持ち物の数を
もう一度見直す機会になりそうです。
すっきりして日々の生活を過ごしやすくしていくためにも。
<看護師 平田真矢>

相武台脳神経外科