┏ご挨拶:
┣当院からのお知らせ:
①「里山資本主義」藻谷浩介さんインタビュー第7回(最終回)
②スポーツドクター辻秀一先生第5回
┗スタッフからの最近のコネタ:簡単にできる減塩方法。
編集後記:秋は子供の成長が楽しみ♡

Two cute children walking in autumn town

Two cute children walking in autumn town

 

■□ご挨拶━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥
10月は晴れた日が続いていましたが、
11月に入り、寒暖の差が強くなってきていますね。
体調は崩されていませんか。
体の声聞きながら体のケアしていってくださいね。
それでは、
相武台脳神経外科メールマガジン第32号
をお送りいたします。
■□当院からのお知らせ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

お知らせ 1

本当に私達が望む生き方とは、何か?
この根源的な問いができる時期に、
私達日本人は、
歴史的にみても、
きているのかもしれません。
それは、実は千載一遇のチャンスです。
その問いを私達に強烈に、
投げかけていただけた本が
あの2014年新書大賞を受賞した
「里山資本主義」です。
今回チャンネルSではなんと、その著者である
藻谷浩介さんを当院へお招きして
インタビューさせていただきました。
限られた時間のなかで、非常にエネルギッシュで
パワフルなお話をいただきました。
最初から、スピード感にあふれ、
どんどん盛り上がっていき、インタビューの最後は
涙が出そうになるくらい感動させていただけた
内容になっております。
今回はその第7回目(最終回)を
11月19日にお送りいたします。
是非ご期待ください。

藻谷浩介さんに、はじめてお会いして感じたこと。
こちらより。
第1回目は、こちら
「現代日本社会は、フィクションである!?」
第2回目は、こちら
「日本の議論は、ほぼ妄想から。」
第3回目は、こちら
「国際競争力が高い国の知られざる共通点とは?」
第4回目は、こちら
「日本人が目指すべきは、ヨーロッパ型か?アメリカ型か?」
第5回目は、こちら
「子供に生きる意味をきかれたら?」
第6回目は、こちら
「普通に目を覚ましたらよいだけのこと。」

おしらせ 2

「スラムダンク勝利学」でお馴染みの
スポーツドクター辻秀一先生を
当院へお招きしてお話を伺いました。
様々な「成果」「結果」を私達がそれぞれの
社会的なポジションで求められる今の時代。
求められている私達も、
知らず知らずのうちに、「成果」「結果」に
重要度、価値をおいてしまう傾向にあります。
しかし、
本当に大切なことは、実は、「結果」だけではない。
〇〇が大切で、価値があるものですよ。
ということを気づかせていただけた
お話でした。
今回はその第5回目を11月26日にお送りいたします。
是非ご期待ください。

辻秀一先生にお会いした感想はこちら

第1回目は、こちら
「本当に「大切なこと」の「価値」を伝えたい。」
第2回目は、こちら
「日本人の可能性。」
第3回目は、こちら
「ごきげん。という言葉が生まれるまで。」
第4回目は、こちら
「すごい人ほど、ご機嫌に価値をおく。」

■□スタッフからの最近のコネタ━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
前回のメルマガでは塩分過剰による
身体の影響について書きました。
対策として野菜や果物の摂取が効果的と述べましたが、
今回はさらにいくつかの簡単にできる
減塩方法を書いていきます。

1、各々食生活は異なると思いますが、
普段よく摂取しているもので、
味噌や醤油などの調味料を使った料理以外で、
意外と塩分が高い食べ物として、
「うどん」や「パン」などがあげられます。

「うどん」は茹でると塩分が80%程排出されますが、
それでもやや多いです。
「うどん」は消化も良いですし、
他の栄養素が豊富に含まれていますので、
悪い食材ではないですが、
食べる際には汁をあまり飲まない、
副菜として野菜を食べて
カリウムを摂取するなど心がけましょう。

「パン」は食感を良くするために、
食塩が使われております。
大体ですが、市販の食パン6枚切りの1枚あたり
約0.8gの食塩が含まれています。
摂取する際はバターを無塩し、
副菜には加工食品であるベーコンやハムなどが
多いと思いますが、
加工食品は塩分が多い物が多く、
できるだけ果物や野菜を一緒に摂取しましょう。

2、日本人の食卓に欠かせない
「味噌汁」「スープ」といったものは、
野菜の具を多めに入れるなどの工夫をすること。
汁を少なくする。
また昆布やカツオなどを使い、
うまく旨味を引き出すとよいでしょう。

3、「調味料の改善」その他の方法といたしましては、
「減塩調味料」を使用すること。
また調味料の使用をなるべく少なくするように心がけること。
慣れると薄味でも満足感が得られます。

何も実行されてない方は、
これだけでもかなりの「減塩」ができると思います。

ただ、こだわりすぎるのも身体にはよくないですので、
無理のない方法を少しずつ組み合わせていきましょう。
食事は毎日の積み重ねですので、
少しずつでも続けることが大事です。
<鍼灸師 江澤 和寿>

 

 下記お勧めリンク

 

編集後記;
10月は体育の日もあり、
何かと行事が多かった方もいるのではないでしょうか。
私の子供も運動会がありました。
組体操やダンスなど頑張っている姿をみると
こんなに大きくなって、いろいろできるようになって
子供の成長ってすごいなと思ってしまいました。
子育は、大変なこともたくさんありますが、
日々の成長を通して自分も少し成長していける感じがします。
これからも行事を通して、子供の成長を見守っていきながら、
自分も子供といっしょに前に進んでいこうと思いました。
<看護師 平田真矢>

相武台脳神経外科