┏ご挨拶: 残暑お見舞い申し上げます。
┣当院からのお知らせ:
①「里山資本主義」
藻谷浩介さんインタビュー第4回
②スポーツドクター辻秀一先生第2回
┗スタッフからの最近のコネタ:運動療法に関しまして
編集後記:ベネシアさん!当院にてご講演。
11870656_10204582189579461_2506315906998462122_n

■□ご挨拶━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥
8月に入り暑い日が続いていますね。
熱中症などは皆様大丈夫でしょうか。
喉が渇いていなくても小まめな
水分補給をしていくようにしていきたいですね。
それでは、
相武台脳神経外科メールマガジン第26号
をお送りいたします。

■□当院からのお知らせ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

お知らせ 1

本当に私達が望む生き方とは、何か?
この根源的な問いができる時期に、
私達日本人は、
歴史的にみても、
きているのかもしれません。
それは、実は千載一遇のチャンスです。
その問いを私達に強烈に、
投げかけていただけた本が
あの2014年新書大賞を受賞した
「里山資本主義」です。
今回チャンネルSではなんと、その著者である
藻谷浩介さんを当院へお招きして
インタビューさせていただきました。
限られた時間のなかで、非常にエネルギッシュで
パワフルなお話をいただきました。
最初から、スピード感にあふれ、
どんどん盛り上がっていき、インタビューの最後は
涙が出そうになるくらい感動させていただけた
内容になっております。
今回はその第4回目を
8月27日にお送りいたします。
是非ご期待ください。

藻谷浩介さんに、はじめてお会いして感じたこと。こちらより。
第1回目は、こちら
「現代日本社会は、フィクションである!?」
第2回目は、こちら
「日本の議論は、ほぼ妄想から。」
第3回目は、こちら
「国際競争力が高い国の知られざる共通点とは?」

おしらせ 2

「スラムダンク勝利学」でお馴染みの
スポーツドクター辻秀一先生を
当院へお招きしてお話を伺いました。
様々な「成果」「結果」を私達がそれぞれの
社会的なポジションで求められる今の時代。
求められている私達も、
知らず知らずのうちに、「成果」「結果」に
重要度、価値をおいてしまう傾向にあります。
しかし、
本当に大切なことは、実は、「結果」だけではない。
〇〇が大切で、価値があるものですよ。
ということを気づかせていただけた
お話でした。
今回はその第2回目を9月3日にお送りいたします。
是非ご期待ください。

辻秀一先生にお会いした感想はこちら

第1回目 はこちら
本当に「大切なこと」の「価値」を伝えたい。

■□スタッフからの最近のコネタ━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

まだまだ暑い日が続きますね。
熱中症対策をしっかりして過ごしましょう。
特に水分はこまめにとりましょう。
今回も身近にできる健康法をお伝えしていきます。

前回、冷房による夏の冷えについてお伝えいたしました。
昔に比べると気温も高く、冷房は必需品となりましたが、
頼り過ぎると身体を壊してしまいますので、
少しでも夏を涼しく乗り切るための方法をいくつかご紹介いたします。

1、「すだれ」や「よしず」を活用する。
ブラインドやカーテンの場合は、
日射熱を40%程度しかカットできないのに対し、
「すだれ」は「室外」に取り付けると、
80%程度カットしてくれます。
また風の質も変わります。安価で入手可能です。

2、冷房使用時に「扇風機」を使用する。
冷たい空気は下に溜まりますので、
扇風機を上向きにして空気を攪拌し、
人体に直接当たらないように使用すると、
部屋全体の温度をうまく下げることができますので、
冷房の温度を上げても涼しくできますし、切電にもなります。

3、「部屋を片付ける」
近年は電化製品等も含めて、
熱を発生させる物が多く、
さらに夏の熱によって物が熱を発し、
部屋が涼しくなりにくい状況をつくってしまいます。
なるべく部屋に物を散乱させない方が良いでしょう。
また直射日光が当たる場所には、
なるべく物を置かない方が良いです。

最近あまり見かけないですが、
打ち水などを併用すると、さらに効果的です。
<鍼灸師 江澤 和寿>

 

 

 下記お勧めリンク
編集後記;

先月、ベネシアさんの講演会に参加させていただきました。
そこでは食べ物はもちろんですが、
保存容器にも気をつけていること。
例えばプラスティックであれば、
どのような素材を使用しているのか、
それを使用することによって体にどのような
害が起きるのかを教えていただきました。
「ぞっ」とするような話もありましたが、
体のためにも自分のできることを始めていこうと思いました。
その日は勉強になる1日を過ごせました。
また少しずつ講演会の内容伝えていけたらいいなと思っています。
最後までありがとうございました。

<看護師 平田真矢>

相武台脳神経外科