こんにちは、
相武台脳神経外科です。

当院では、健康への道において、
食を非常に重要視しております。

農業において、
もっとも生命エネルギーの
強い作物を生産するには、
どの様にしたらよいか?

30年近く前からそのことのみを
追求してきた会社があります。

株式会社ナチュラルハーモニーです。
その会社の行き着いた究極の農業の基本。
それが、
「無農薬、無肥料。」

その詳細を代表の河名秀郎さんに伺いました。
本来生物はどのようにあるべきか?
実は、そのことを考えていくことが、
私達自身の健康を考える上でも、
非常に参考になるだけでなく、
その考え方そのものが
人間の健康へと直結すると考えます。
今回はその3回目をお送りいたします。

第1回目は、こちら
「無農薬、無肥料で育てた作物の生命力が
強いという盲点。」
第2回目は、こちら
「医療と無縁に一生を送る簡単な方法。」
第3回目は、こちら
「生き物が本来ありたい姿。」

本ビデオ講座を視聴していだだくことで、ご理解頂ける内容な下記となります。少しでも、能動的な作業が加わるとより理解が深まります。下記の質問の回答あるいは、本ビデオ講座を視聴後の感想をコメント欄へ書き込んでいただけますと幸いです。
  • 加藤が小さいころに食べた肉は、健康的な牛からの肉ではないと気がついた出来事とは?
  • 日本で本来の畜産を普及させていくために、河名さんは何が必要と考えているか?
  • 生命エネルギーの強いものは、食べる量はどれくらいで足りるか?
  • 生命エネルギーが低いものを食べることによる悪循環とは?
  • その悪循環を断ち切るために加藤が必要と考えていることとは?
  • 今まで、化学肥料などで汚染された土壌をよくするためには?
  • 根本的なところがわかると、今までの科学がより輝くと加藤が考える理由とは?
  • 河名さんが、自然栽培を捉えるうえで、今までの農業を重視する理由とは?
  • 本質をついていれば、ペースがゆっくりにできる理由とは?
  • 加藤が考えている頭痛の意味とは?
  • 加藤が考える人間のポテンシャルとは?
 下記お勧めリンク

					
相武台脳神経外科