こんにちは、
相武台脳神経外科です。
当院は、先月から本格的に、
保険外診療である、
超高濃度ビタミン点滴療法を
開始させていただいております。
そこで、
今回チャンネルS市民公開講座では、
補完医療の分野でパイオニア的な存在である
水上治先生をお招きしてお話をいただきました。

水上治先生につきましては、こちらから。

水上治先生とのお話は、今回4回目となります。
初回の映像はこちら。「保険外診療の捉え方」
第2回目の映像はこちら。「補完医療が浸透しない理由」
第3回目の映像はこちら。 「そもそも医療とは?」


今回は、医療に対する大きな誤解に迫ります。

医療現場では、
医療そのものが目的になってしまっていることが
現実的には多々あります。
しかし、
医療は単純に手段でしかあり得ないのです。
その手段を使う、
死生観を含めた、
体と向き合う上での
「価値観」の大切さを提言いたします。

世の中の方の大きな誤解。
世の中の一般の方の潜在意識。
「健康は、そのまま生きていれば自然に与えられるもの。」
これは、全くの誤解です。
現在は、
自律神経に、単純に肉体に、人類が歴史上
かつて経験したことが無いレベルで
悪い環境にさらされております。
何もしなければ、
普通に病気になります。
「もう一度言います。」
何もしなければ
ほぼ100%病気になります。

癌、脳卒中、心筋梗塞、認知症、

これらは、生活習慣の結果なのです。

癌は、違うだろ?と言っている、皆さん!

国立がんセンターのがん情報サービスのホームページの第一文に、
きちんと書かれています。
がんは予防することができる病気です。」
統計的に低く見積もっても
68%は、よく知られた生活習慣が大きな原因となっています。
(データは、がんセンター上記ホームページより。)

現代で生活する上で誤解してはいけないことは、
何も意識していないと、ほぼ100%、
癌か脳卒中か心筋梗塞、認知症を発症します!

逆にそれらは、予防可能なのです。

一昔前は、病気の発症と遺伝子との強い関係性が
言われてきました。
しかし、昨今、
エピジェネシスという概念が少しずつ認知され、
生活習慣が遺伝子の発現様式を変化させることが、
分かってきました。
つまり生活習慣の改善で、
健康を獲得できるのです。

遺伝子検査で、
乳癌になりやすいから、
癌にもなっていないのに
乳房を切除した女優がいましたが、
いまから考えると、とても、
ナンセンスです。

(様々な医療情報に振り回されないようにする
秘訣も今回のビデオで公開されています。)

つまり現代は、
健康を獲得すれば天国。
病気になれば地獄であり。
ご自分、次第の選択で
その天国を選択可能な時代なのです。
それにもかかわらず、
ほとんどの皆さんは、
ご自分から地獄を選択されているのです。

このことに気がついている、
日本人はどれほどいらっしゃるでしょうか?

それらの病気は、治療費だけでも、
多大な費用を要することを考慮しても、
財産を築こうとお考えの方は、
健康になるためにはどのように、
すればよいかを考えることが、
実は、一番リスクが低く、
リターンの多い投資なのですね。

これは、日本人の99%の方は、
気がついていないでしょう。
(気がついていないということは、
投資的思考回路からすると非常にチャンスなのです。)

しかし、
30年後私の言葉が実証されると確信できます。

なぜなら、私は、医療の専門家だから。
医療業界のインサイダーからの情報流出です。

つまり、これは、
インサイダー取引レベルの情報です。
もし、
皆さんの琴線に私の言葉が、
響くことができましたら
これから、
数年、私から発信される情報に
注目してみてもよいと思います。
しかし、インサイダー取引ですから、
情報の扱いには、
気をつけてくださいね。

もう一度確認です。

健康は、獲得するものです。できるものです。

本ビデオ講座を視聴していただくことで、御理解いただける内容は下記となります。
下記の質問の回答あるいは、本ビデオ講座を視聴後の感想をコメント欄へ書き込んでいただけますと幸いです。

 

  • 医者から治療方法の選択肢を勧められると患者さんが不安に思ってしまう理由とは?
  • ヨーロッパで、患者さんが治療法の選択で不安にならない理由とは?
  • 治療方法の選択で、不安に思わないようにするため、水上先生が日本人へ発信されたメッセージとは?
  • 加藤が日本人の可能性として感じていることとは?
  • それをふまえた上で、日本人への加藤からの提言とは?
  • 加藤が新たに医療の価値観を作り上げていく上で、道標にしていることとは?
  • 加藤が、しめした人間としての生き方の提言とは?
  • その上で現代人の加藤が上げている問題点とは?
  • 水上先生が治癒力が最大限上がっている状態とはどのような状態と考えているか?
  • 加藤が考える気持ち良い状態にどのような精神状態となると考えているか?
  • 水上先生は気持ち良い状態は、どのようになると考えられているか?
  • 水上先生は、日本の実情としての医師はどのような状況と考えられているか?
  • 水上先生は、日本の医師はどのようにあるべきと考えられているか?
  • 加藤は、辛いということはどのように考えているか?
  • 加藤は社会的に医師を増やすということをどのように考えているか?
  • 医療の行き詰まりに関して加藤はどのようにすれば良いと考えているか?
  • 水上先生は、日本の医師が何に、振り回されていると考えられているか?
  • 西洋医学の一番の先進国である アメリカ合衆国の国民は健康に関して幸せか?
  • 水上先生は病気はどのようなチャンスと考えられているか?

最後まで、ありがとうございました。次回第5回も是非お楽しみに。

 下記お勧めリンク

当院院長加藤貴弘へのインタビュー

覚悟の瞬間(とき)
経済界、スポーツ界、文学界などの様々な分野で活躍する専門家の
「覚悟の瞬間」を切り取り、配信している動画サイト

緊急報告:人類がすでに手にしている放射線障害への知られざる武器

相武台脳神経外科