こんにちは、
相武台脳神経外科です。
当院は、今月から本格的に、
保険外診療である、
超高濃度ビタミン点滴療法を
開始させていただいております。
そこで、
今回チャンネルS市民公開講座では、
補完医療の分野でパイオニア的な存在である
水上治先生をお招きしてお話をいただきました。

水上治先生につきましては、こちらから。

水上治先生とのお話は、今回2回目となります。
初回の映像はこちら
今回も、非常に内容の深いお話となっております。
その分、部分的にわかりにくくなっておりますが、
今回の映像は可能でしたら、
複数回視聴されることをお勧めいたします。
医療に対しての不安が明るい希望になることと思います。

少しでも、能動的な作業が加わるとより理解が深まります。
本ビデオ講座を視聴していただくことで、御理解いただける内容は下記となります。
下記の質問の回答あるいは、本ビデオ講座を視聴後の感想をコメント欄へ書き込んでいただけますと幸いです。

●アメリカ合衆国のがんセンターでは、鍼灸治療が行われているのに、日本のがんセンターではそんな雰囲気もない。
日本の補完医療が遅れている原因は、水上先生は、医学教育に問題があると、ご指摘された。
その、西洋医学以外の医療が日本で受け入れられない理由を、加藤は2つあげた
それは、なにか?
●西洋医学が、答えを未だに出せていない問題とは、どのようなたぐいの問題か?
●西洋医学では、心の存在を証明できているか?もし証明出来ていなければ、心は存在しないのか?
●日本の文化が大切にしてきたものはなにか?
●日本の医学教育において「こころ」に関しての教育は十分か?
●西洋医学は 人の身体を3次元で判断する。しかし、現実に人の身体は3次元で判断可能なものか?
●もし不可能であれば、あともう一つどのような次元を付け加える必要があるか?
●加藤は医者として、患者さんに何に対しての提言をしていきたいと考えているか?
●水上先生は患者さんに対して何を、提供していきたいと考えているか?
●患者さんのニーズに答えることが、本当に正しい医療か?
●加藤は患者さんの潜在的な深い部分のニーズにアプローチしようとしているが、
それは何を提示することでアプローチ可能と考えているか?
●加藤は身体との関係性を考える上で、ある事実を知ると、
とたんに様々な視野が広がると考えているが どのような事実か?
●水上先生は、病気から遠ざかるために人間の身体は何をすればよいと設計されていると考えられているか?

最後まで、ありがとうございました。次回第3回も是非お楽しみに。
 下記お勧めリンク

当院院長加藤貴弘へのインタビュー

覚悟の瞬間(とき)
経済界、スポーツ界、文学界などの様々な分野で活躍する専門家の
「覚悟の瞬間」を切り取り、配信している動画サイト

緊急報告:人類がすでに手にしている放射線障害への知られざる武器

相武台脳神経外科