┏ご挨拶:
┣当院からのお知らせ:
①臨時休診のお知らせ 3月22日土曜日
②チャンネルS グレートジャーニー関野吉晴さんインタビュー最終回
③保険外診療:超高濃度ビタミン点滴療法の導入に際しまして
┣ Kanako’s eye:2014/1/31ブログより
┗スタッフからの最近のコネタ:身近にできる健康法
編集後記:マクロビオテック始めました。

つくし

■□ご挨拶━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
こんばんは、
今年の春は気候がめまぐるしく変動しております。
そのような、気候のときは、
是非、お体に特に気を配られて、
お過ごしください。
私は、今年は体の調子がよいためか、
花粉の量が少ないためか?
花粉症の症状が軽く、本当に助かっています。
個人的な意見ですが、
元気になれば、花粉症も軽減されると思います。
それでは、本日は、
相武台脳神経外科メールマガジン第12号
をお送りいたします。

■□当院からのお知らせ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

お知らせ 1

当院院長出張のため
3月22日土曜日 臨時休診と
させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが
何卒よろしくお願いいたします。

お知らせ 2

グレートジャーニーでお馴染みの
関野吉晴さんが当院へ来院いただき、
地球規模からの視点で様々な提言をして頂いております。
動力を使わない、スピードで、
5万キロ以上を旅されてきた方の
言葉は、
その同じ経験を、
今の人生の中で経験する可能性が、
ゼロに近い我々にとって
新しい世界への扉となりえます。
非常に興味深いお話を頂きました。

ぜひお楽しみにされてください。
チャンネルSより、
最終回(全3回)を3月18日公開予定です。

第一回はこちら
第二回はこちら

おしらせ 3

超高濃度ビタミンC点滴療法に関しまして。
現在、世界的に薬剤としての、
ビタミンCの可能性は、
見直されつつあります。
私は、
調べれば調べるほど様々な病気に対しての効果に
可能性を秘めていることに気づかされました。
しかし、薬剤としては以前から販売されており、
製薬会社が目指す、
「販売特許」という点においては、
今の時代にビタミンCに関して得ることは出来ません。
そのため、
製薬会社は、販売にこぎつけても、
利益が薄いということも事実です。

1つの薬剤が、保険診療に認められるまで、
臨床試験を含め多くの試験を必要とし、
それを実施するためには、
莫大な費用を必要とします。
その事実を考えますと、
その試験への費用を負担することを、
製薬会社は選択しません。
利益になりませんので、、。
つまり、
ビタミンCは効果的な薬剤である可能性が
非常に高いにもかかわらず、
今後、
日本で保険診療として、
厚労省に認可される可能性は低いのです。
しかし、
アメリカ合衆国では、
FDAがビタミンCを薬剤として認可する日が
近いことがいわれております。

当院では、明らかに効果があり、
副作用の極端に少ない製剤は、
保険外診療でも、
導入する責任があると判断いたしました。
患者さんの選択肢を増やす意味でも必要と考えます。
今後、この情報は少しずつ、
皆さんへお送りさせていただきます。
何卒よろしくお願いいたします。
Vitamin C Pill Capsule Health And Medical Infographic Infocharts

■□Kanako’s eye━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

学生時代の話です。

常に一緒にいるわけではないけど

会えば普通に話す、

そんな友達は誰にでもいると思います。

表面上は他の友達も交えて

彼女と仲良く過ごしていました。

でも、何でも「いいよ」という

周りに流されやすいその子が、

私には主体性がないように見えて、

正直あまり好感が持てないでいました。

どこに行こうか話していても

「何でもいいよ」、

グループワークでいつ集まるか

決めるときも「どうしようねー」と

積極的に話を進めようとはしない。

流され過ぎなんじゃないの。

そんな風に思っていました。

ある日、そんな彼女とたまたま二人で

一緒に帰った時にこう言われました。

「最近大丈夫?なんか疲れてるよね。」

確かにその時期は

少し忙しかったと思います。

・・・よく見ててくれてたんだなぁ。

そこでやっと、

彼女は主体性がないのではなく、

相手の事を一番に考えて思いやる事が

出来る人なんだと気がつきました。

今までは、彼女がいると

少し気を張ったような

構えたような気持ちでいましたが、

それ以来、彼女は一緒にいて楽しい、

心の安らぐ存在になりました。

自分の思い込みを捨て、

その人の本質を見る事で

関係性が良いものに変わりました。

 

身体についての考え方も同じで、

悪いと思う部分に敵対するのではなく

本質を見る事で

調和が出来ていくのだと思います。

 

連動ブログ:2014/01/31

<看護師 工藤 香菜子>

■□スタッフからの最近のコネタ━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

まだまだ寒い日はありますが、
段々と春の陽気になってまいりました。

4月のはじめには桜も咲き始め、
大変気持ちの良い気候になり、自然との調和を感じやすい季節です。

今回も身近な生活の中で、
すぐ実践できる健康法をご紹介します。

普段お仕事などで部屋に閉じこもっている方や鬱々としている方など

もう少し暖かくなったら、
お時間を作って、少し外に出てみることをお勧め致します。

ただ外気に触れるというのではなく、
自分が心地よいと思う、
気温・新鮮な空気・綺麗な景色などを意識して身体で感じてみてください。

自律神経の働きも良くなりますし、
身体や心がリフレッシュされるのが感じられると思います。

なるべく、自然の多い場所が良いですが、
お時間がない方は、近所の公園などでもよいので散歩してみてください。

普段外に出てない方ほど、
身体と心の変化を感じられると思います。

<鍼灸師 江澤 和寿>

当院院長インタビュー 下記より

覚悟の瞬間

http://www.kakugo.tv/detail_k919.html

スタッフ随時募集中:
リハビリ助手(性別、経験、年齢、免許不問)
条件:当院の方向性に共感していただけるかた。
時給 870円〜(常勤も検討可)

お問い合せは、こちらから

編集後記

最近、マクロビオテックの食事を週に何回か始めました。
マクロビオテックにきづかされたのですが、
食は、未来の自分を創る行為だと思います。
生きる上で食は、原点です。
もう少し食を見なおしてみたいです。

相武台脳神経外科