こんにちは、
今回は前回に引き続きましてチャンネルS のゲストに、
関野吉晴さんをお迎えしてお話をお伺いしました。
関野吉晴さんは、なんといいましても、
「グレートジャーニー」人類拡散の道を、
人間や動物の力だけで逆走したことで、有名な方です。
1993年から10年もの歳月をかけ、
人類発祥の地アフリカから祖先の拡散の足取りを辿る旅、
グレートジャーニーを開始する。
この旅行はフジテレビでシリーズ化され放送されている。」
(ウィキペディアより抜粋)
昨年2013年には上野で、
グレートジャーニー展も開催されました。
人類拡散の道を、10年という歴史から考えると短い期間で、
(我々の日々の時間感覚からすると、とても悠大ですが、、)
自動車などの動力を一切使わず、足跡を切れ目なく刻んだのは、
人類史上関野吉晴さんただ一人です。
それは、様々な奇跡と強い意志が重なって可能となった、
とても貴重な偉大な結果であることは、
その、一端であるテレビ番組を視聴するだけでも理解できます。

私達相武台脳神経外科は、絶えず、
「体の声を聴き続ける。そうすれば健康への道が拓ける。」
という一つのメッセージを提言し続けています。

それは、つまり、体との関係性の提言でもあります。
あるものを理解する時、
どこで、理解の「ピント」があうか、絶えず試行錯誤します。
試行錯誤とは、つまり、
距離を変えてみたり、
見る方向性を変えてみたり、時には、
理解する時間感覚を変えてみたり、します。

つまり、理解を深めるために
ふだんの立ち位置をかえてみることは重要です。
海外旅行することで、
自国のことが理解できたりすることがあります。

ただ、私達は、
自分の人生で経験できることは限られております。

その事実を踏まえ、10年かけて、
地球規模の経験、
人類拡散の逆追体験をされた関野吉晴さんの言葉は、
とてもとても新鮮で、刺激的なお話でした。

是非今回も、
何かのお役にたてていただけますと幸いです。

今回のビデオセミナーで、得ることのできる情報は、下記の質問の答えとなります。
少しでも、アウトプットすることで、理解が深まります。
下記の質問の答え、または感想をコメント欄へ記載していただけましたら幸いです。

 

  • ブータン王国が目指すもの GNPではなく 〇〇◯。
  • 物質への欲望の方向ををかえるために 欲望の方向をどの向きにかえていくとよいか?
  • 一番身近な大自然とは?
  • 現代人が低下している能力とは?
  • 関野さんが、その能力を取り戻すために企画した イベントとは?
  • 西洋人が思考のベースにある、自然に対しての関係性の意識とは?
  • それに対して、カヌーでの航海を通して関野さんが感じたことは?
  • その思いを裏付けたような日本の2011年3月の出来事とは?
  • 自然とは、コントロールすることではなく、なにかが大切か?
    「人間は、自然無しで生きることができないにもかかわらず、気持ちが自然から離れている。」
  • 関野さんが、わざわざ「余計なこと」と思われることに挑戦する理由とは?
  • 5kgの鉄を作るために、必要な砂鉄の重さは? 必要な材木の重量とは?
  • 関野さんがクレートジャーニーを始める決意をした経験とは?
  • その経験をとおして、関野さんが大切だと感じたこととは?

今回もお付き合いいただき大変ありがとうございました。また、第3回(最終回)も是非おたのしみにしてください。

相武台脳神経外科