こんにちは、相武台脳神経外科 加藤貴弘です。

今回私たちは全く新しい試みをはスタートさせました。

それが、Channel S 体の声を聴き続ける。 というプログラムです。

私達が行う日常診療は現実的には不安や緊張が渦巻いております。それは、当たり前です。可能性は少ないとしても検査で悪い結果を宣告されるかもしれませんし、なりよりも症状に苦しんでつらい状況の方が、もちろん来院患者さんには多いです。つまり、とても「緊張」されているかたが多い。それは診療所である以上、とてつもなく普通のことですが、私達の目的である「体の声を聴き続ける」という目的へ向かうためには、つまり体の声を聴くためには、どうしても「リラックス」が必要です。

診療所の日常の風景と我々の最終的な目標は、全く正反対というジレンマの中で私達は日々悪戦苦闘しているわけです。

しかし、今回、全く環境を変えてみて

「楽しい。」という

ことをテーマに様々な専門家の方へインタビューを行なっていく試みをスタートさせました。

第1回目は太極拳世界大会メダリストさかもとはるゆきさんです。

さかもとさんは現在、経営者を中心に太極拳を指導する傍ら、経営や睡眠に関してのコーチングも個別で行なっている方です。

 このインタビュー動画を見て理解できること

◎なぜ、さかもとさんの顧客には経営者が多いのか?

◎太極拳入門時なぜ、さかもとさんは、「すぐに上達する」と太鼓判を押されたのか?

◎さかもとさんが、太極拳をはじめて、変化した体質はなにか?

◎太極拳をされていたさかもとさんが、整体師を目指そうとしたターニングポイントはなにか?

◎さかもとさんが、経営を勉強せざるを得なくなった理由とは?

◎さかもとさんが、経営者さんの健康コーチング、あるいは実際の会社の経営コーチングに献身的になる理由はなにか?

ぜひ楽しんでみていただき、

下記のワークに取り組んでみてください。ワークに取り組んでいただくことで、理解が深まりこの番組から得られる情報量も倍増します。回答は当ブログのコメント欄にしていただけますと幸いです。

ワーク:太極拳と少林拳の根本的な違いはなんですか?また、ご自身からわき上がった今回初回前半10分の疑問感想をあげてみましょう。

相武台脳神経外科